メタボリックシンドローム解消のために愛犬と散歩しよう

メタボリックシンドロームの健康指導として、「メタボ健診」と通称される「特定健診・特定保健指導」は、2008年4月から40~74歳の医療保険加入者を対象にした新しくスタートした制度です。

市町村や健康保険組合が主体で、生活習慣病を未然に防ぐため、メタボリックシンドロームの該当者・予備軍を見つけ、生活改善の指導をすることが目的です。メタボリックシンドロームは日本では、内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、脂質異常、高血圧のうち2つ以上を合わせもっている状態と定義されています。

メタボ健診は保険者には義務ですが、加入者にとっては任意のため、強制ではありませんが、無料や安価で行なっている自治体や保険組合もありますので、積極的に活用しましょう。職場で検診を受けている人は、その検診で特定検診を受診したことになりますし、扶養家族は国民健康保険による受診も可能です。

また、国民健康保険の加入者には、受信券が送られてきます。特定保健指導は、情報提供・動機づけ支援・積極的支援の3段階に分かれています。情報提供はメタボリックシンドロームのリスクの無い人に、動機づけ支援はメタボリックシンドロームの予備軍に、積極的支援はメタボリックシンドロームの人が対象となっています。

メタボリックシンドロームの健康指導は、生活習慣病の予防が目的なので、すでに医療治療をしている人は対象外となります。動機づけ支援と積極的支援は、個別面接や、グループ面接を行い、医師や保健師、管理栄養士などが対象者に合わせて実践的にアドバイスをしてくれます。

また、改善のためには運動は必要不可欠です。運動するために愛犬と散歩するのがベストですね。愛犬の健康を守るためにもドッグフードには気を遣ってあげましょう。こちらのドッグフードの口コミサイトがおすすめですよ。